日本の乳がん検診の現状

日本の乳がん検診の現状

日本の乳がん検診の現状 その1

 現在の乳がん検診の国際標準は、マンモグラフィー(乳房X線撮影)による検診です。先の項で、欧米諸国がマンモグラフィー検診を導入した結果、1990年から乳がんの死亡率が下降に転じたこと、しかし日本では、乳がんの罹患率・死亡率ともに右肩上がりを続けていて、この傾向は今後10年・15年変わらないだろうと書きました。日本の乳がん検診は今どうなっているのでしょうか?

日本の乳がん検診の現状 その2

 日本のがん検診は1950年代から始まり、1982年からは老人保険事業の一環として全国的に整備され、胃がんや子宮がんの死亡率を下げるという成果をあげました。しかし、乳がん検診について言えば、行われていたのは視診・触診による検診で、2000年になってやっと50歳以上にマンモグラフィー検診を導入するよう、がん検診指針の一部改正が行われました。視診・触診の乳がん発見率に比べ、マンモグラフィーのそれは約3倍といわれています。

日本の乳がん検診の現状 その3

 (前項より続き))しかし、マンモグラフィーを導入した市町村は、2004年現在で全体の58%にすぎません。また。2002年にマンモグラフィーによる乳がん検診を受けた50歳以上の人は対象人口のわずか2.1%でした。ちなみに欧米では70%以上の人がマンモグラフィー検診を受けています。これは検診結果にも現れていて、アメリカでは非浸潤がんで見つかる場合は20%なのに対し、日本で非浸潤がんで見つかるのは、数年前まで3~5%にすぎませんでした。日本では浸潤がんになってからしか、乳がんは見つからなかったのです。

日本の乳がん検診の現状 その4

 前項までに書いたようなことから、2004年にはマンモグラフィー検診対象者を50歳以上から40歳以上に引き下げることが決まりました。また、マンモグラフィーの撮影。読影技師育成のための認定制度も設けられていて、認定者はインターネットで公開されています。どんなに制度が整っても、どんなに優れた機械が導入されても、受診する人が少ないのでは、宝の持ち腐れです。受診率をどう上げるかが今後の課題とされています。

マンモグラフィーの機械

 マンモグラフィーの機械は全国に3000台あると言われていますが、ほとんどは病院の診療用に使われています。検診専用のマンモグラフィーが少ないことも受診率が上がらない原因だと言われており、新たに500台設置することが検討されています。これを地域格差が生じないようにどう配置するかや、正しく撮影できる技師、正しく読影できる医師をいかに養成するかが課題です。



   乳がんの基礎知識のTOPへ