画像検査

画像検査

かつての乳がんの検査

 以下の項からは、前項で取り上げた検査の内容をより深く掘り下げていきましょう。  昔は、35歳以上でしこりがあったら、とにかく組織をとって調べるのが、乳がんを診断する検査の王道でした。この摘出生検は、診断は確実とはいえ、局所麻酔をかけて行うちょっとした手術です。それでも悪性の場合は見つかって良かったということで済みますが、良性の場合は、痛みや傷跡だけが残るという結果になります。

超音波検査とマンモグラフィーの比較

 超音波は、他の画像検査に比べると、良性・悪性の鑑別までは難しいことがいえます。また、マンモグラフィーのように石灰化を見つけることもまず無理なので、早期がんの発見という点ではマンモグラフィーにかないません。



   乳がんの基礎知識のTOPへ