PET(ペット)

PET(ペット)

PET 使い方

 PETとは、Positron emission tomography 陽電子放出断層撮影の略です。  正常な組織ががん化すると、形が変化するだけでなく、機能も変化します。形の変化をとらえるのがCTやMRIだとすると、PETは組織の機能の変化からがんを見つけ出します。  がん細胞は正常細胞に比べ活発に増殖するため、多くのブドウ糖を必要とし、細胞内に取り込みます。そこで、弱い放射線を出す物質を付加したブドウ糖(FDGといいます)を注射します。がん細胞はブドウ糖をたくさん取り込むので、FDGはがん細胞に集積します。そこをPETカメラで全身を一度に撮影します。そうすれば放射線を出している場所を画像上で特定することができます。検査時間は約30分です。

PET 長所

・黒くなっている部分は90%に近い確率で、がん。悪性を疑われた場合は、高い確率でがんの可能性があります。 ・全身の検査が一度にできます。ただし、脳はもともとブドウ糖が高濃度に集積しているので、同時に検査できません。

PET 短所

・発見できるのは6~8mmの大きさ以上。MRIは1~2mmまで発見できます。 ・前進を一度に見るので画像がやや不鮮明。正確な位置を特定できないこともあります。 ・患者さんの負担が高額(8万円前後)で、検査できる施設も限られます。ただし、特定のがんについては、治療目的であれば保険が適用されます。 ・検査前4時間は絶食です。

PET 見つけやすいタイプなど

 PETで見つけやすいがんは、甲状腺がん、肺がん、乳がん、大腸がんなど。見つけにくいのは胃がん、肝臓がん、前立腺がん、腎臓がん、膀胱がんなどです。  乳がん治療でPETが有用なのは、腫瘍マーカーが上昇しているのに、CTや超音波検査ではどこに転移があるかわからない場合、局所進行乳がんで術前化学療法を受ける前に、転移の有無を見る場合、などです。

PET-CT

 最近ではPETとCTを合体させ、お互いの欠点を補ったPET-CTという装置も開発されています。ただし、この装置は、日本ではまだ数ヶ所にしかありません。  CTでは臓器の形ははっきりわかりますが、病変の有無が不鮮明です。PETは有無ははっきりわかりますが、場所が不鮮明です。そこで2枚を重ねて画像処理すると、病変の場所もよくわかります。



   乳がんの基礎知識のTOPへ