細胞診・生検

細胞診・生検

がんが疑われるとき

 視診・触診、超音波、マンモグラフィーなどの検査で、がんが疑われるときは、直接細胞や組織を調べる検査に進みます。順番としては、身体に与える影響が少ない検査から行います。細胞診には乳頭分泌細胞診と穿刺吸引細胞診があります。前者は血性乳頭分泌がある場合に、その分泌物の中にがん細胞がないかどうかを顕微鏡で調べる仕事です。

病理医の仕事とは?

 病理医とは検査や手術で切り取った細胞や組織を顕微鏡で詳しく調べる人のことです。たとえば、がん細胞の有無、種類、悪性度などを調べて確定し、診断や治療に役立てます。  手術後に時間をかけて調べ、最終的に診断を確定するのはもちろんですが、最近は術中診断といって、「断端陽性」の項でも述べたように、手術中に判断し、それが次の治療法を選択する決め手になるケースが増えています。

乳頭分泌物細胞診

 血性乳頭分泌(乳頭異常分泌ともいいま)の原因は、大半は良性ですが、がんの場合でもあるので、検査が必要です。検査には分泌物そのものを調べる検査に加え、乳頭から乳管に造影剤を入れて撮影する乳管造影検査と、ごく細いファイバースコープを乳管に入れて観察する乳管内視鏡検査があります。  乳管内視鏡検査では細胞を採取することも可能です。しかし、最近は他の画像検査の性能がよくなっているので、乳管造影検査や乳管内視鏡検査はあまり行われなくなっています。



   乳がんの基礎知識のTOPへ