穿刺吸引細胞診

穿刺吸引細胞診

穿刺吸引細胞診

 穿刺吸引細胞診は、乳房内のしこりに細い注射針を刺し、細胞を吸引してきて調べる検査です。蚊に刺されたくらいの痛みしかないので、これで診断が確定されるのが理想です。しこりが明瞭であり、針がしっかり命中していれば、何千という細胞が採取できます。その場合「がんである」という検査結果が出れば、その病変は98~99%という高い確率で実際にがんなのです。

「がんではなかった」場合

 問題は「がんではない」という検査結果が出た場合です。。もしかしたら針が病変にうまく命中していなくて、関係ない場所の細胞を取ってきたのではないかその可能性をどうやって否定するかという問題が残るのです。  前に書いたマンモグラフィーの最後で、石灰化の診断をどうつけるか難しいと書きました。乳がんの石灰化は微細です。その中心に細い針を刺して細胞を取ってくるのは、経験を積んだ医師でも難しいのです。やむを得ず、石灰化のあるあたりを少し大きく切り取って、診断をつけていました。しかしこれでは、せっかく小さいうちに見つけても、患者さんに大きな負担を強いることになります。もう少し患者さんに優しい検査で診断が付けられないか、そこで開発されたのがマンモトーム生検なのです。これについては後述します。

細胞診の結果

 細胞診の結果は従来、クラス分類(クラス1<=良性>から、クラス5<=悪性>まで)で表されていました。しかし、より明確にするために、日本乳癌学会は次に書く分類法を推奨しています。  細胞が正しく採取されていることを確認した上で、「正常あるいは良性」「鑑別困難」「悪性の疑い」「悪性」の4つに分類されます。「鑑別困難」とはどういう場合か、代表例も示されています。



   乳がんの基礎知識のTOPへ