術後フォローの中身

術後フォローの中身

 外来受診では、3ヶ月ごとに問診・触診を行います。乳房温存手術を受けた場合は、残った乳房の再発を見つけるために必要です。反対の乳房の触診も同時に行います。
 6ヵ月後には、マンモグラフィ、超音波検査、肝臓、肺、骨への転移を調べるために、胸部レントゲン写真やCT、腹部超音波検査、全身骨シンチグラムなどを行います。採血検査も行い、腫瘍マーカーなどを測定します。
 通常、これらの検査は、手術後2~3年間行われ、それ以降は1年ごとの検査になります。
このカテゴリー「術後フォローの内容」では、以下のことも知ることができます。
  術後フォローの中身
  腫瘍マーカーって、なに?