腫瘍マーカーって、なに?

腫瘍マーカーって、なに?

 がん細胞が体内に存在するときに、多量に生産されて血液などに存在する物質です。これを測定することによって、がん細胞の存在を診断したり、治療経過、再発(転移)の観察の判定に応用されます。腫瘍マーカーだけで確定診断ができる物質はまだなく、画像診断などの検査と併用して診断されます。
 乳がんで主に測定されるのは、
 CEA……2.5以下
 CA15-3……27以下
 BCA225……160以下
 NCC-ST-439……7以下
このカテゴリー「術後フォローの内容」では、以下のことも知ることができます。
  術後フォローの中身
  腫瘍マーカーって、なに?